メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく ぐらぐら地獄炊き

手延べゆえ麺の太さは製麺所によって異なる=山田祐一郎さん提供

 「地獄炊き」--。なんて恐ろしい響きなんだろう。そして、それが料理の名前であると知って驚いた。地獄炊きとは、長崎県の西方に浮かぶ五島に伝わる郷土料理のことだ。

 五島は大小約150の島々の総称で、五島列島とも言われる。遣唐使の時代、西暦でいうと630年から890年ごろにかけて、遣唐使船の寄港地だった。遣唐使が大陸で学んだ麺の製法を五島の住民に伝え、それが1000年以上たった今も脈々と受け継がれているのが「五島手延(てのべ)うどん」なのだという。このうどんを楽しむための料理が地獄炊きだ。

 五島手延うどんは乾麺で、五島の中でも北東に位置する上五島で主に作られている。上五島には今でも大小3…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです