メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
競泳

日本選手権 渡辺が初優勝 200平

男子200メートル平泳ぎ決勝を制した渡辺一平=東京辰巳国際水泳場で2019年4月7日、宮武祐希撮影

 世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第6日は7日、東京辰巳国際水泳場で男女の決勝5種目などが行われ、男子200メートル平泳ぎは世界記録保持者の渡辺一平(トヨタ自動車)が2分7秒02で初優勝した。2位の小日向一輝(セントラルスポーツ)とともに派遣標準記録を突破し代表入り。小関也朱篤(ミキハウス)は3位だった。

 男子200メートル背泳ぎはロンドン五輪銀メダルの入江陵介(イトマン東進)が1分55秒79で2年連続…

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1792文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです