メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

うさぎの子/8

うさぎの子 8

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 高山(たかやま)なおみ 絵(え) 中野真典(なかの・まさのり)

「なんて、いい眺(なが)めなんだろう。あたしひとりで見(み)ているのが、もったいないようだよ。ねえ、おじいさん」

 銀(ぎん)の穂(ほ)の海(うみ)が、さえぎるものなく、どこまでもどこまでもひろがっていました。ほかに色(いろ)のあるものといえば、青(あお)い空(そら)と白(しろ)い雲(くも)。それから海(うみ)。

 おばあさんはバスケットを置(お)き、エノコログサのじゅうたんの上(うえ)に、足(あし)を投(な)げ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです