メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

続編に喝采!「ひよっこ2」 これぞテレビドラマの魅力

 「絵というものは、僕にとって愛すべきもの、愉(たの)しくて美しいものじゃなきゃならない。人生には厭(いや)なことが多すぎるから、これ以上厭なものは作りたくないんだ」

 重いリウマチに苦しめられながらも、筆を握り続けたフランスの画家、ルノワールが残したとされる言葉だ。

 「ひよっこ2」(NHK総合)が、3月25日から4夜連続で放送された。説明は不要だろう。集団就職で茨城から上京したヒロイン・みね子(有村架純)が、多くの人たちに助けられながら、自らも成長してゆく姿を描き、大人気となったNHKの朝ドラ「ひよっこ」(2017年4~9月)の続編だ。出演者全員が再会を喜び、楽しそうに演じている雰囲気が、テレビ画面を…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文760文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです