41道府県議選 自民が過半数を維持 地方議員選でも「自民1強」継続

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
投票箱を開けて開票作業を始める人たち=2019年4月7日21時31分、石塚誠撮影
投票箱を開けて開票作業を始める人たち=2019年4月7日21時31分、石塚誠撮影

 41道府県議選では、自民が計1153議席を得た2015年の前回統一選に続き、総定数(2277)の過半数を維持した。8日午前2時35分現在、立憲民主、国民民主両党は合わせて200議席にとどまり、旧民主党が前回獲得した264議席を下回った。地方議員選でも「自民1強」の継続が鮮明になった。

 自民は前回、41道府県議選の総定数に占める議席占有率で24年ぶりに5割を超え、前回比17人減の1302人が立候補した…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい