知事選大敗で自民福岡県連会長が辞任へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
敗戦が濃厚になり、支援者らに頭を下げる武内和久さん=福岡市博多区で2019年4月7日午後8時9分、矢頭智剛撮影
敗戦が濃厚になり、支援者らに頭を下げる武内和久さん=福岡市博多区で2019年4月7日午後8時9分、矢頭智剛撮影

 7日投開票の福岡県知事選で現職の小川洋氏(69)が自民推薦で元厚生労働官僚の武内和久氏(47)を大差で破って3選したことを受けて、自民福岡県連の蔵内勇夫会長は8日、推薦候補が大敗した責任を取って会長職を辞任する意向を明らかにした。

 知事選で自民党は、過去2回支援した小川氏がいるにもかかわらず、麻生…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい