日銀、3地域の景気判断引き下げ 東北、北陸、九州・沖縄

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国9地域の景気判断
全国9地域の景気判断

 日銀は8日、全国9地域の景気情勢をまとめた4月の「地域経済報告」(さくらリポート)を公表した。「東北」「北陸」「九州・沖縄」の3地域の景気の総括判断を前回1月調査から引き下げた。中国経済の減速やIT(情報技術)関連需要の世界的な低迷で、生産が減少したのが主因。3地域の判断を同時に下方修正したのは、欧州債務危機の影響で8地域を引き下げた2013年1月以来、6年3カ月ぶり。

 関東甲信越など5地域の総括判断は据え置いた。観光客の出足が戻るなど昨年の地震の影響から回復した北海道は「緩やかに回復している」に判断を引き上げた。日銀は海外経済の減速の影響を認めつつも「国内需要は堅調で、個人消費は緩やかに増加している」と、景気に強気の見方を示した。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1330文字)

あわせて読みたい

ニュース特集