元東電福島代表「生き恥をさらす覚悟で戻った」 楢葉のまちづくり会社顧問に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
浜通りに戻った元東京電力福島復興本社代表の石崎芳行さん=福島県楢葉町北田の「ならはCANvas」で2019年4月3日午前11時7分、乾達撮影
浜通りに戻った元東京電力福島復興本社代表の石崎芳行さん=福島県楢葉町北田の「ならはCANvas」で2019年4月3日午前11時7分、乾達撮影

 東京電力福島復興本社代表を4年あまり務め、昨年3月に同社を退職して福島を離れた石崎芳行さん(65)が今月、地域再生のために町民活動を支援する楢葉町のまちづくり会社「ならはみらい」の顧問に就任した。東日本国際大(いわき市)の客員教授にも迎えられ、秋には教壇に立つ。福島第1原発事故で会社が大きな被害を与えた地域に、批判を覚悟で個人として戻った石崎さんに、その決意を聞いた。【聞き手・乾達】

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文826文字)

あわせて読みたい

注目の特集