がん細胞を攻撃「光免疫療法」が先駆け審査指定 早期の実用化へ向け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
がん光治療治験の仕組み 拡大
がん光治療治験の仕組み

 厚生労働省は8日、画期的な新薬が早く実用化できるよう優先的に取り扱う「先駆け審査指定制度」の対象に、赤色光を使ってがん細胞を攻撃する「光免疫療法」で使用する薬「ASP-1929」など11品目を指定した。

 光免疫療法は、がん細胞に結びつきやすい特徴を持つ薬を投与後、赤色光を当てると、薬が光に反応してがん細胞が破壊される治療法。現在、舌がん、喉頭がんなど頭頸部(とうけいぶ)がんの患者を対象に、日米欧で実用化に向けた最終段階の治験(臨床試験)が実施されている。米国で実施された臨床試験では、15人の患者のうち14人で、がんが小さくなったり消えたりする効果が見られ、患者や医療関係者から注目されている。

 先駆け審査指定制度は、最先端の薬や医療機器を日本で早期に患者へ提供するため、国が、対象の病気が重く、画期的な治療法であることなど一定の要件を満たす薬などを開発段階から対象製品に指定し、承認に関する相談や審査を優先的に取り扱う。指定を受けると、通常1年以上かかる審査期間を半年程度に短縮できるとされる。

 光免疫療法で使う「ASP-1929」については、楽天メディカルジャパン(楽天アスピリアンジャパンが3月に社名変更)が申請しており、世界に先駆けて日本での承認申請を目指しているという。【永山悦子】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集