メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

イスラエルの73歳GK、世界最年長の出場記録を達成

 4月5日、イスラエルのサッカーの4部リーグでプレイする73歳のゴールキーパー、イサク・ハイクさんが、世界最年長のプロサッカー選手による試合出場としてギネス世界記録に登録された。(2019年 ロイター/Amir Cohen)

[PR]

 [オル・イェフダ(イスラエル) 5日 ロイター] - イスラエルのサッカーの4部リーグでプレイする73歳のゴールキーパー、イサク・ハイクさんが5日、世界最年長のプロサッカー選手による試合出場としてギネス世界記録に登録された。

 イラク出身で、4歳の時に移住してきたハイクさんは、来週74歳を迎える。セレモニーでは「次の試合の準備はできている」と意欲を見せた。この日の試合では、素晴らしいセーブを何度も見せたものの、所属チームのイロニ・オル・イェフダは5―1で破れた。

 これまでの記録はウルグアイのロベルト・カルモナ選手の53歳だった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです