メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ギリシャのピンボールマシン博物館、大人のノスタルジー誘う

 4月5日、ギリシャの首都アテネに半年前オープンしたピンボールマシンの博物館が、現地住民や観光客から人気を集めている。100台以上のマシンが設置されており、古くは1950年代まで遡るという。3月2日撮影(2019年 ロイター/Costas Baltas)

[PR]

 [5日 ロイター] - ギリシャの首都アテネに半年前オープンしたピンボールマシンの博物館が、現地住民や観光客から人気を集めている。100台以上のマシンが設置されており、古くは1950年代まで遡るという。

     同国では約20年前に、ピンボールのある娯楽施設が姿を消している。運営者のPanos Bitarchas氏は、2017年に妻からマシンを贈られたことがきっかけで、博物館の開設を決心。仕事を辞め、1年かけて古いマシンを集め、修理したという。

     同氏は「来場者は、マシンへまっすぐに近づいていく。子供の頃の最後の思い出だからだ」といい、「ノスタルジー、音、におい、すべてがそこにある」と話した。

     訪問していた65歳の男性は「子どもに帰ったようだ」と話し、「うまく説明できないが、幸せだ。楽しい時間を過ごしている」と語った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

    2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

    4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

    5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです