メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

情報提供:カートップ

なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

コンセプトカー詐欺だと嘆かれるモデルが多数

 今年は東京モーターショーイヤーということもあり、今からどんなモデルが展示されるのか楽しみにしている人も多くいることだろう。しかし、コンセプトカーとしては非常にイケていたのに、市販車となった途端にビミョーなデザインになってしまった車両も少なくない。

 もちろん市販化するにあたっては法規対応などで変更せざるを得ない部分があることは重々承知しているが、もうちょっとなんとかならなかったの……と思ってしまうコンセプトカーをピックアップしよう。

1)ダイハツOFC-1

 2007年の東京モーターショーに登場したOFC-1は、軽自動車サイズのボディに660ccのターボエンジンをフロントに搭載したとアナウンスされたモデル。

コンセプトカー

 当時現役だった初代コペンの次期型を示唆するモデルではないと言われており、実際に登場した2代目コペンはこのコンセプトカーとは全く違うデザインを纏っていたが、いま見てみると、OFC-1のコンセプトを2代目コペンに採用した方がよかったのでは……?

コンセプトカー

2)スバルWRXコンセプト

 2013年のニューヨークショーで初披露されたWRXコンセプト。ぐっと低く構えたプロポーションや、大きく張り出したリヤフェンダーは4ドアクーペと言ってもいいくらいの獰猛なフォルムとなっていた。

コンセプトカー

 しかし、2014年に登場したWRXは面影こそあるものの、コンセプトに比べるとずんぐりむっくりしたものだった。おそらくコンセプトを発表した段階で市販デザインは決まっていただろうから、コンセプトカー詐欺と言われても仕方ない。

コンセプトカー

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです