メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

四国こんぴら歌舞伎 勘九郎「父への恩返し」

左から市川中車、中村七之助、中村勘九郎、中村扇雀=東京・銀座で

 香川県琴平町の旧金毘羅大芝居(金丸座)での「第三十五回四国こんぴら歌舞伎大芝居」が21日まで催されている。今年の中心は中村勘九郎、中村七之助、市川中車、中村扇雀。

 2部構成で、1部の序幕が「義経千本桜 すし屋」。権太は勘九郎、弥左衛門は中車、弥助は扇雀。

 続いて「心中月夜星野屋」。東京・歌舞伎座で昨年に初演された新作で落語「星野屋」の歌舞伎化。おたかは七之助、お…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 「世界の薬局」インドのワクチン外交 周辺国に無償提供、中国に対抗か

  4. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです