メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

音楽家 外山雄三/1 いつも楽団員の中に

=飯島隆撮影

 新作交響曲は10分程度と短いものだったが、「ずっとオーケストラと一緒に暮らしてきた」という外山雄三のオーケストラ愛が詰まっていた。2月28日、ザ・シンフォニーホール(大阪市)で開かれた大阪交響楽団の定期演奏会。5月に米寿を迎える外山が書き下ろした交響曲を自らの指揮で初演し、聴衆はこの日一番の拍手を送った。

 生命力にあふれた激しさと、郷愁を誘う叙情的な響きを織りなす新作は、弦、管、打楽器それぞれに見せ場が…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文799文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです