メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は劇作家・演出家、平田オリザさん 戦争を後押しした軍事小説

=東京都目黒区で、佐々木順一撮影

 *3月12日~4月8日

 ■黒船の世紀(猪瀬直樹著・2017年)角川ソフィア文庫・1382円

 日露戦争後、日本では米国を仮想敵とした未来戦記が数多く発表された。それはやがて現実になっていく。その背景を丹念な取材を基に分析した作品。

 昨年書いた「日本文学盛衰史」(高橋源一郎原作)という戯曲が、光文文化財団主催の鶴屋南北戯曲賞を受賞した。

 この戯曲には、近代日本文学の黎明(れいめい)期から大正、昭和までのその変遷が描かれている。国民国家…

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです