メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

消毒液とショートケーキ=小国綾子

宮谷真紀子さんが作ったDVD教材

 花粉症の春は、難聴を抱える人にもつらい季節だ。なぜなら街にマスク姿の人があふれるから。

 多くの難聴者は相手の唇の動きを読んで聞こえにくさをカバーする。口元を隠されると、たとえ大声で話されても内容を理解するのは難しい。マスク越しに声がこもるのも困る。耳元で大声で話されるとかえって分からなくなる人も多い。

 「聞こえ」に関するコンサルティングや研修を行っている「クリアジャパン」代表、宮谷真紀子さん(41)は自身も軽度の難聴だ。薬剤師の経験から、病院はマスクをつけた医療従事者が多く、耳の遠い高齢者ら難聴を抱える人にとって苦労の多い場所だと気付いた。10年以上かけて100人以上の高齢者や難聴者、医療従事者から話を聞き、それをもとにDVD教材「名前が変わる世界」を作った。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです