メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

映画配給マン 直井卓俊 インディーズから宝掘り出す

「試写会や映画祭での反応を見て、作品の新たな魅力に気づくこともあります」と話す直井卓俊

 東京都心には、一般の人が入れない“試写専門の映画館”が数カ所ある。封切り数カ月前の洋画、邦画が連日、朝から晩まで上映され、映画業界関係者らでにぎわう。

 今月初め、その一つである東京都中央区の試写室に、配給会社「スポッテッドプロダクションズ」を経営する直井卓俊(42)の姿があった。担当している映画「月極オトコトモダチ」の試写が終わると、客席から出てきた女性に「いかがでした」と声をかけている。「この作品は必ず女性に刺さる自信はあるのですが、やはり反応が気になって。でも、皆さん楽しんでくれたようです」とほっとした表情だ。

 映画の完成後、公開する劇場を手配し、そこに作品を届けるのが「配給」だ。配給会社と聞くと、東宝、松竹…

この記事は有料記事です。

残り1436文字(全文1747文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです