メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

インタビュー・会いたい人 東京マラソン日本人トップ 堀尾謙介選手

思い出の詰まったグラウンドに立つ堀尾選手=東京都八王子市の中央大多摩キャンパスで

 毎年、国内外のトップランナーが集い、激しい首位争いが繰り広げられる東京マラソン。先月3日、その大会を日本人トップで制し、同時に東京オリンピック代表選考会(MGC)の切符を手にしたのが、中央大4年(当時)の堀尾謙介選手(22)だ。箱根駅伝の大ファンである記者は、名門校のエースの快挙に居ても立ってもいられず、憧れの選手へ会いに行った。【津田塾大・畠山恵利佳】

この記事は有料記事です。

残り2652文字(全文2831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです