メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣

「すごい人 実感」 20年ぶり刷新、ゆかりの地沸く

渋沢栄一の業績などを紹介する史料館の入り口で写真を撮る人たち=東京都北区で9日午前9時57分、佐々木順一撮影

 20年ぶりとなる紙幣の刷新が政府から発表された9日、1万円札、5000円札、1000円札それぞれに肖像画が使われることになった3人のゆかりの地や施設の関係者からは、驚きと歓迎の声が上がった。

数日前話あった 渋沢史料館

 渋沢の活動を紹介する渋沢史料館(東京都北区)の井上潤館長は「いずれはという期待があったのでうれしい。考え方を知ってもらうきっかけになってほしい」と話した。

 井上館長によると、伊藤博文が1000円札の肖像画に描かれた際にも渋沢は最終候補に残っていた。今のよ…

この記事は有料記事です。

残り1373文字(全文1610文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです