メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

10年生存率56%に 治療進歩、昨年比わずかに上昇

 国立がん研究センターは9日、2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率はがん全体で56・3%だったと発表した。昨年の調査より0・8ポイント上昇した。08~10年に診断された人の5年後の生存率は67・9%だった。いずれも1990年代後半から伸び続けており、治療や早期発見技術の進歩が貢献しているとみられる。

 今後も2014年に販売開始された新薬「オプジーボ」をはじめとする「免疫チェックポイント阻害剤」の効…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです