メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣

3人の業績知って ゆかりの地、驚き・歓迎

 20年ぶりとなる紙幣の刷新が政府から発表された9日、1万円札、5000円札、1000円札それぞれに肖像画が使われることになった3人のゆかりの地や施設の関係者からは、驚きと歓迎の声が上がった。

商業銀行初設立 渋沢栄一

 渋沢栄一(1840~1931)は埼玉県深谷市生まれの実業家。明治維新後に大蔵省(現財務省)に入省し、辞職後は日本初の商業銀行である第一国立銀行を設立した。製紙、紡績、保険、鉄道など多くの起業に携わり、「日本資本主義の父」と呼ばれた。引退後は社会福祉や教育の発展に尽力した。

 渋沢の活動を紹介する渋沢史料館(東京都北区)の井上潤館長は「いずれはという期待があったのでうれしい…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1488文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです