メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「合併の検討必要」 被災3県首長、4分の1が回答 /宮城

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の42市町村長のうち約4分の1が「合併の検討は必要」と考えていることが、共同通信が実施したアンケートで分かった。歯止めがかからない人口減や高齢化に対する危機感が表れた形だ。

 「合併が必要」と明言した首長はいなかったが、岩手県宮古市などの11人が「検討は必要」と回答。石巻市の亀山紘市長は「広域的な枠組みによる行政サービスの効率化や住民福祉の向上につながる検討を進める必要がある」とした。

 11人中5人は、原発事故で避難区域となった福島県の自治体だった。川内村の遠藤雄幸村長は「行政サービ…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです