メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

那須塩原市長選 渡辺氏が出馬表明 保守分裂の公算大 /栃木

 渡辺美知太郎参院議員(36)が8日、記者会見し、那須塩原市長選(14日告示、21日投開票)への無所属での立候補を正式に表明した。自民党に推薦を求める方針。「さまざまな方から要望をいただいた。自民党とそれ以外や合併前の旧1市2町など(の分裂の)歴史があるが、私が出馬することが融和の機会になるのではないか」と語った。

     公約には、人▽安心▽町▽産業▽未来--の「五つのつくる」をテーマに、雇用対策や自主防災機能の強化、国会で培った人脈を生かしたトップセールスでの産業誘致などを掲げた。

     渡辺氏は故・美智雄元副総理の孫で、2013年の参院選で初当選した。財務政務官を務めていたが、8日付で辞任した。

     市長選には前同市議会議長の君島一郎氏(63)も名乗りを上げている。立候補に意欲を見せていた別の男性(77)は出馬を断念し、保守分裂の一騎打ちになる公算が大きい。【林田七恵、柴田光二】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです