メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

地域が支える映画ロケ=百五総合研究所・鈴木理可 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 CS放送で時代劇ドラマの再放送を見ることが増えた。近ごろあまり見かけなくなったが、昔はゴールデンタイムに民放制作の時代劇ドラマが数多く放映されていた。祖母と一緒に見た記憶とともに懐かしのドラマを楽しんでいる。

 時代劇・現代劇問わず、映画・ドラマの撮影では全国各地の景勝地や名所、建造物、街並みなどがロケ地として使われている。

 作品のテーマや時代に合った撮影地の提供を行うのがフィルムコミッション(以下FC)という、自治体など…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです