メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つれづれラン日記

目指せ!サブ4 「自分に負けず」完走 /山口

 サブ4(4時間切り)を目指し、北九州マラソン(2月17日)に出場した記者(46)。前半21キロまでは好調だったが、大会前の長距離練習の不足がたたり、後半、急に脚が重くなった。はるか後方にいたはずのサブ4のペースランナーにも追い越され、マラソン4戦目にして初めて「棄権」という言葉が頭に浮かんだ。重くなった脚は全く動かず、記録はおろか、走り続けることも厳しく感じた。

 しかし、ここで今大会の自分のテーマを思い出した。「自分に負けない」だ。ここで棄権することは自分に負けることだ。たとえ記録は出せなくても、この苦しい状態の中で最後まで走り抜くことは必ず次につながるはずだ。残り20キロ強は果てしなく遠いが、脚を止めることだけはするまいと心に決め、走り続けた。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです