メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

改元の舞台裏/5 考案者、常時3人確保 一角に「国書枠」切れ目無く

元号考案学者を巡る「代替わり」の状況

 日本のアジア史研究の最高権威とされる東方学会。その会長だった池田温(おん)・東京大名誉教授(87)=中国史=のもとに、尼子昭彦・国立公文書館公文書研究官(2018年死去)から初めて電話があったのは07年ごろ。「先生の論文を拝見しました。ぜひお目に掛かりたい」との内容だった。

 池田氏は1991年と97年に、日本と中国の元号を比較する論文を書き、学会の注目を集めた。学者仲間の間では「次の元号で政府から考案依頼が来るのではないか」とささやかれていた。池田氏が公文書館に尼子氏を訪ねると、面会の趣旨はやはり、元号考案の依頼だった。池田氏は12年2月の毎日新聞の取材に経緯を明かしていた。

 最近の池田氏が体調不良のため妻の〓子(あやこ)さん(86)に取材すると、池田氏は案を後日提出した時…

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2382文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです