メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

人口減少時代の鉄道 JR九州初代社長 石井幸孝氏

 人口が減少してゆく時代に日本の鉄道はどうあるべきなのか。32年前の国鉄改革=1=から学ぶべき知恵はないだろうか。物流界で人手不足が深刻化する中、新幹線が貨物を扱う「新幹線物流」など、新しいJR改革を唱えるJR九州初代社長の石井幸孝氏(86)に聞いた。【聞き手・森忠彦】

「新幹線物流」で改革を

--昭和の終わりに国鉄改革で誕生した「JR」は平成とともに発展してきました。それから32年。分割民営化が及ぼした影響は?

 そもそも国鉄はなぜ、巨大な債務を負ってつぶれたのか。自動車や飛行機の発達などの外的要因はありますが…

この記事は有料記事です。

残り2801文字(全文3057文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです