メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

人口減少時代の鉄道 JR九州初代社長 石井幸孝氏

 人口が減少してゆく時代に日本の鉄道はどうあるべきなのか。32年前の国鉄改革=1=から学ぶべき知恵はないだろうか。物流界で人手不足が深刻化する中、新幹線が貨物を扱う「新幹線物流」など、新しいJR改革を唱えるJR九州初代社長の石井幸孝氏(86)に聞いた。【聞き手・森忠彦】

「新幹線物流」で改革を

--昭和の終わりに国鉄改革で誕生した「JR」は平成とともに発展してきました。それから32年。分割民営化が及ぼした影響は?

 そもそも国鉄はなぜ、巨大な債務を負ってつぶれたのか。自動車や飛行機の発達などの外的要因はありますが…

この記事は有料記事です。

残り2801文字(全文3057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです