メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リビア

暫定政権と民兵、首都南郊で衝突 25人死亡発表

 【カイロ篠田航一】国家の東西分裂状態が続くリビアで、東部を拠点とするハフタル将軍が率いる民兵組織「リビア国民軍」(LNA)は7日、西部の首都トリポリの南郊でシラージュ暫定政権側の部隊と衝突し、暫定政権は戦闘で少なくとも25人が死亡、80人が負傷したと発表した。死者数の情報は錯綜(さくそう)している。LNAがトリポリ近郊を空爆したとの情報もある。

 ロイター通信によると、民間人の犠牲者も出ている。LNA側は兵士ら14人が死亡し、リビアの赤新月社(赤十字に相当)の医師も犠牲になったと述べた。米国のポンペオ国務長官は7日、「軍事作戦の即時停止」を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです