メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軽減税率

コンビニ内飲食、客申告 店は確認求めず

イートインがあるコンビニでの会計イメージ

 セブン-イレブン・ジャパンなど大手コンビニエンスストアは10月に予定される消費税率10%への引き上げ時の軽減税率への対応策を固めた。課題となっていた飲食品を持ち帰る場合(税率8%)と、店内の「イートイン」コーナーで飲食する場合(同10%)との区別の仕方について、店内飲食の場合は客が会計時に自己申告するように明記したポスターを掲示。店員が個別の客の意思を確認することはせず、客からの申し出がなければ、「持ち帰り」と見なして、税率8%を適用する方向だ。

 10月からの消費税10%への引き上げ時には、低所得者対策の一環として、酒類を除く飲食料品の税率を8…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文797文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方
  5. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです