メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

世界貿易量の急速な萎縮=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 世界貿易機関(WTO)は2018年10~12月期の貿易量萎縮は10年前の金融危機に比すべきだとした。

 季節調整済みの10~12月期の世界輸出量は対前期比で0・1%のマイナス、輸入量は0・5%のマイナスとなった。先進国からの輸出量は4~6月期から3四半期連続マイナス、また途上国の輸入量は年初は堅調だったが10~12月期はマイナス2・1%となった。米国の高関税化をきっかけに異変が生じたといえよう。

 途上国の18年輸入金額は、年後半の不振にもかかわらず、相応の伸び率だ。逆にいえば、貿易量の急速な萎…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです