メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

もぐもぐタイムのイチゴは「盗用」!? 「日本産」守れ 政府、海外無断栽培対策に本腰

ハーフタイムにイチゴを手にするカーリング女子の吉田知那美選手(左奥)ら「LS北見」メンバー=韓国・平昌で2018年2月24日、手塚耕一郎撮影

 <access>

 韓国の農家が育てた日本産新品種のミカンが出荷できなくなっている。日本の研究機関が新品種として登録出願し、韓国の政府機関が受理したためだ。昨年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪では、カーリング女子チームが栄養補給する「もぐもぐタイム」で食べた日本由来の韓国産イチゴに対し、「盗用だ」という反発も出た。国産品種を守る取り組みを探った。【和田浩幸】

 韓国紙・中央日報電子版(日本語版)は昨年末、済州島の農家が日本で開発されたミカンの新品種「あすみ」…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです