メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
アクセス

もぐもぐタイムのイチゴは「盗用」!? 「日本産」守れ 政府、海外無断栽培対策に本腰

ハーフタイムにイチゴを手にするカーリング女子の吉田知那美選手(左奥)ら「LS北見」メンバー=韓国・平昌で2018年2月24日、手塚耕一郎撮影

 <access>

 韓国の農家が育てた日本産新品種のミカンが出荷できなくなっている。日本の研究機関が新品種として登録出願し、韓国の政府機関が受理したためだ。昨年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪では、カーリング女子チームが栄養補給する「もぐもぐタイム」で食べた日本由来の韓国産イチゴに対し、「盗用だ」という反発も出た。国産品種を守る取り組みを探った。【和田浩幸】

 韓国紙・中央日報電子版(日本語版)は昨年末、済州島の農家が日本で開発されたミカンの新品種「あすみ」…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです