メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ゴーン体制決別、臨時総会 「日産経営陣 総退陣を」 株主が責任糾弾

臨時株主総会で握手を交わす日産の西川広人社長(左)とルノーのスナール会長=東京都港区のホテルで、ユーチューブの日産自動車ライブ配信映像より

 日産自動車は8日の臨時株主総会で前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)を取締役から解任し、約20年にわたった「ゴーン体制」に幕を下ろした。日産は新たな経営体制の構築を急ぐが、総会では西川(さいかわ)広人社長ら現経営陣への株主の不満が噴出。新体制による成長戦略も定まっておらず、ゴーン体制後の視界は不良のままだ。【松本尚也、柳沢亮】

 日産がゴーン前会長と決別し、新たなスタートを切るべく開いた臨時株主総会では、株主から厳しい意見が噴…

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文2287文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです