メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ゴーン体制決別、臨時総会 「日産経営陣 総退陣を」 株主が責任糾弾

臨時株主総会で握手を交わす日産の西川広人社長(左)とルノーのスナール会長=東京都港区のホテルで、ユーチューブの日産自動車ライブ配信映像より

 日産自動車は8日の臨時株主総会で前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)を取締役から解任し、約20年にわたった「ゴーン体制」に幕を下ろした。日産は新たな経営体制の構築を急ぐが、総会では西川(さいかわ)広人社長ら現経営陣への株主の不満が噴出。新体制による成長戦略も定まっておらず、ゴーン体制後の視界は不良のままだ。【松本尚也、柳沢亮】

 日産がゴーン前会長と決別し、新たなスタートを切るべく開いた臨時株主総会では、株主から厳しい意見が噴出した。質問に立った株主は「現経営陣の社会的、道義的責任は大きい。総退陣という形で刷新を行うべきだ」と語気を強めた。

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです