連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

ゴーン体制決別、臨時総会 「日産経営陣 総退陣を」 株主が責任糾弾

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
臨時株主総会で握手を交わす日産の西川広人社長(左)とルノーのスナール会長=東京都港区のホテルで、ユーチューブの日産自動車ライブ配信映像より
臨時株主総会で握手を交わす日産の西川広人社長(左)とルノーのスナール会長=東京都港区のホテルで、ユーチューブの日産自動車ライブ配信映像より

 日産自動車は8日の臨時株主総会で前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)を取締役から解任し、約20年にわたった「ゴーン体制」に幕を下ろした。日産は新たな経営体制の構築を急ぐが、総会では西川(さいかわ)広人社長ら現経営陣への株主の不満が噴出。新体制による成長戦略も定まっておらず、ゴーン体制後の視界は不良のままだ。【松本尚也、柳沢亮】

 日産がゴーン前会長と決別し、新たなスタートを切るべく開いた臨時株主総会では、株主から厳しい意見が噴出した。質問に立った株主は「現経営陣の社会的、道義的責任は大きい。総退陣という形で刷新を行うべきだ」と語気を強めた。

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2287文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集