メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

子どもの自殺対策、待ったなし

学校支援カウンセラーの阪中さんが講師を務めた「いのちとこころの学習」=神戸市の市立竜が台中学校で

 自殺者数は2012年に3万人を下回り、昨年2万人強まで減った。一方、10代は少子化の中で横ばい。いじめが連想されるが、実態はもっと複雑だ。身近な大人にできる対策はないのか。

 ●10、20代死因トップ

 「日本は世界で最も子ども・若者が自殺する国」。札幌市中央区にある平松記念病院の医師、伝田健三さんは問題視する。人口動態統計によると、17年の10代、20代の死因の1位は自殺で、がんや事故より多い。他の先進国では事故の方が多く、自殺の割合は減っている国が多いが日本では増加中だという。要因には子どもの自殺対策の希薄さが挙げられる。

 警察庁の18年の統計によると、10代の自殺原因のトップは学校問題。中でも学業不振、進路の悩みが多い。社会の関心の高い「いじめ」は割合としては少なく、その陰にほかの自殺が隠れている。

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです