メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

子どもの自殺対策、待ったなし

学校支援カウンセラーの阪中さんが講師を務めた「いのちとこころの学習」=神戸市の市立竜が台中学校で

 自殺者数は2012年に3万人を下回り、昨年2万人強まで減った。一方、10代は少子化の中で横ばい。いじめが連想されるが、実態はもっと複雑だ。身近な大人にできる対策はないのか。

 ●10、20代死因トップ

 「日本は世界で最も子ども・若者が自殺する国」。札幌市中央区にある平松記念病院の医師、伝田健三さんは問題視する。人口動態統計によると、17年の10代、20代の死因の1位は自殺で、がんや事故より多い。他の先進国では事故の方が多く、自殺の割合は減っている国が多いが日本では増加中だという。要因には子どもの自殺対策の希薄さが挙げられる。

 警察庁の18年の統計によると、10代の自殺原因のトップは学校問題。中でも学業不振、進路の悩みが多い…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです