メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

効率の先には フィリピン・マニラ 川合進(日本語教師・65歳)

 フィリピンで日本語教師をしている私を、友が訪ねてきてくれました。

 観光では見えにくいフィリピンの素顔を紹介しました。まずはマニラ・ベイの遊歩道散策です。友の到着は早朝で、まだ薄暗い遊歩道には路上生活者が至る所に寝ています。足元の彼らが気になり、闇が薄らぎ遠くに見え始めた水平線にも目がいかない様子。「いやあスゴイ、たった30分でカルチャーショックを受けた」と驚いていました。

 次はフィリピン庶民の足、ジプニー。小型の乗り合いバスで、天井が低く腰をかがめて乗り込まなければなりません。横向きに向かい合って座り、乗車賃は手渡しでドライバーに払います。お釣りも乗客同士の手渡しで戻ってきます。町を歩けばてんびん棒を担ぐ行商人、粗末な台に雑多な品を並べて売る人たち、紙コップを突き出してくる物乞い……という景色です。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです