特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-稲葉陽八段 第43局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

初手、シンクロ

 一斉対局全局の初手が[先]2六歩。しかし、全て違う戦型へ。「矢倉は終わったって言われちゃうね」「角換わり腰掛け銀が一局もないよ」と検討陣が嘆く。[先]4八玉が指されると「昭和だ!」「平成の最後にひねり飛車か!」と喜ぶ声が上がった。石田流のような形に組み主導権を握る、かつて人気を博した戦型だ。「[後]4四角~[後]3三玉~[後]2二玉から穴熊模様になるので」と三浦は[先]3六飛。[後]3三金の形を嫌い、稲葉は[後]4四角と間接的に受けた。歩損の代償に飛車を捕獲し角2枚VS飛車2枚の勝負へ。「みんな飛車が大好きだからね」と鈴木大介九段。「相当研究したんでしょう」と三浦をたたえつつも[先]3四飛の構想が無理筋とみて後手持ちの声が上がる。[先]3六歩で「[先]4六歩を気にした」と稲葉。[後]2二銀[先]4五歩[後]3三銀[先]4…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文934文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集