メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

日本選手権 瀬戸3冠、主役譲らず 王座奪還へ奮起 男子400個メ

男子400メートル個人メドレーを制した瀬戸のバタフライ=梅村直承撮影

 世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で男女9種目の決勝などが行われ、男子400メートル個人メドレーはリオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分9秒98で2年ぶり2回目の優勝を果たし、代表入りを決めた。瀬戸は200メートル個人メドレー、200メートルバタフライと合わせて3冠。

 女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が4分33秒02で3連覇。派遣標準記録を突…

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです