メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 笑顔輝く、カヌー・瀬立=越智貴雄

胸から下はまひしているが、腕回りの筋肉は大きく膨れ上がり、まるでよろいを着ているかのようだ=写真家・越智貴雄さん撮影

 毎年必ず冬に撮影させてもらっているのが、パラカヌーの瀬立(せりゅう)モニカ。今冬は練習の拠点を、地元東京から暖かい沖縄に移していた。瀬立は2020年東京パラリンピックを終えるまで在籍中の筑波大を休学して、すべての時間を競技にあてるという。そんな覚悟を決めて競技に向き合う瀬立を見たくて、沖縄へ飛んだ。

 瀬立の周りには絶えず人が集まり、会う人会う人がいつの間にか笑顔になり、彼女のファンになっていく。今回の沖縄合宿中にも、そんな光景を見た。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです