メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 笑顔輝く、カヌー・瀬立=越智貴雄

胸から下はまひしているが、腕回りの筋肉は大きく膨れ上がり、まるでよろいを着ているかのようだ=写真家・越智貴雄さん撮影

 毎年必ず冬に撮影させてもらっているのが、パラカヌーの瀬立(せりゅう)モニカ。今冬は練習の拠点を、地元東京から暖かい沖縄に移していた。瀬立は2020年東京パラリンピックを終えるまで在籍中の筑波大を休学して、すべての時間を競技にあてるという。そんな覚悟を決めて競技に向き合う瀬立を見たくて、沖縄へ飛んだ。

 瀬立の周りには絶えず人が集まり、会う人会う人がいつの間にか笑顔になり、彼女のファンになっていく。今回の沖縄合宿中にも、そんな光景を見た。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです