メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力規制委

AIで透明化? 原発審査ヒアリング、文字起こしに活用 全文公開、誤変換もそのまま

公開されたヒアリングの文字起こし結果。「75Aから100A」が「75円から100円」と誤変換された一文も=岩間理紀撮影

 原子力規制委員会は8日、原発の安全審査などの過程で電力会社の担当者らと事前に非公開で打ち合わせする「ヒアリング」について、人工知能(AI)技術で議事録を自動で文字起こしし、ホームページで原則として全文の公開を始めた。従来は要旨のみの公表だったが「透明性を高めるべきだ」と指摘があり、方針を転換した。行政の情報公開のあり方に一石を投じる試みとして注目される。【岩間理紀】

 この日は今月2日にあった高浜原発に関するヒアリングの内容を公開。約4分間のやりとりで、「自動文字起こし結果をそのまま掲載」「発言者による確認はしていません」との注釈もつけた。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです