連載

圧勝再び

10年目に入った維新政治の是非が問われた大阪府知事・市長のダブル選は、維新の完勝だった。背景を探った。

連載一覧

圧勝再び

大阪ダブル選/上 顔頼み 今どぶ板

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
花束を手に、出迎えた職員らに手を振る吉村洋文大阪府知事=同府庁で2019年4月8日、加古信志撮影
花束を手に、出迎えた職員らに手を振る吉村洋文大阪府知事=同府庁で2019年4月8日、加古信志撮影

 「都構想の再挑戦を進めるべき、という民意をいただいた」。8日、新知事に就任した吉村洋文氏は、改革を進める意志を表すため維新カラーの緑色のネクタイで記者会見に臨んだ。大阪市長に当選した地域政党「大阪維新の会」代表の松井一郎氏と挑んだ「入れ替わりダブル選」の圧勝は、10年前に誕生した新興勢力の姿はなく、既成政党をしのぐ組織の結束力と、綿密な戦略があった。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1280文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集