メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
目をそらさないで

「『生涯現役』の先に」編/5止 存在感増す高齢者 人口減、新たなモデルを

慣れた手つきで接客する76歳の女性=関東地方のコンビニで2019年3月27日夕、太田敦子撮影

 ある冊子に目が留まった。就労を目指す高齢者向けのガイドブックには、活躍する事例としてコンビニエンスストア店員の70代男性の姿が。コンビニといえば外国人留学生のイメージが強いが、次は高齢者なのか。

 各地でシニア向けの仕事説明会を開く「セブン-イレブン・ジャパン」の榑谷光生(くれたにてるたか)・総括マネジャーに取材すると「高齢者の社会参加、働く機会を提供させていただいている」と説明、「客の年代層が上がり、働く側もそれに応じた形になるのはある意味、必然」と加えた。

 シニア店員が半分を占めるコンビニがあると知り、関東郊外の店を訪ねた。高齢者の進出で労働現場がどう変…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1145文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです