メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

「いつでも好みのコーヒー一杯」という理想、スタバ×LINEのキャッシュレスサービスが叶えるかも(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

コーヒーチェーンのスターバックスがLINEと組んで会員向けの電子決済「LINEスターバックスカード」と、その他の情報サービスを一体化したLINE公式アカウントを4月8日にオープンしました。どんな人にとって使えるサービスになるのか解説したいと思います。

 

↑スタバのコーヒーがLINEスターバックスカードで購入できるサービスが始まりました

 

LINEとスターバックスによるデジタルサービスは、2015年にLINEの友だちにギフトをプレゼントできる「LINEギフト」での協業から始まりました。昨年12月には両社が今後も連携を強めてデジタル系サービスの強化を加速させる業務提携を発表していましたが、その具体が4月8日に開催された発表会で明らかにされた形です。

 

LINEアプリから簡単に登録できる「LINEスターバックスカード」

両社のコラボによる新しいサービスは大きく2つあります。1つは現在注目されている「キャッシュレス」に関わるサービスで、日本国内のスターバックスコーヒーの店舗で使える「LINEスターバックスカード」です。

 

現在スターバックスコーヒーで品物を買うときに、同社が発行しているプリペイドカードを使っている方もいると思います。この「スターバックスカード」はプラスチック製のカード、またはiOS/Android対応のスマホアプリとして利用できますが、そのカードをLINEのアプリからも発行して、LINE Payを使って支払いができるサービスがLINEスターバックスカードです。

 

↑LINEアプリからカードを登録。LINEのアカウント情報を使うので、面倒な入力がほとんど不要になります

 

↑支払いはLINE Payから

 

カードの発行はとても簡単。LINEのアカウントに登録されているユーザー情報を使うため、別途スターバックスカードへのID情報の入力がいりません。新規にカードを作る場合でもわずか数ステップで登録作業が完了します。その間、わずかに1分程度。

 

登録方法はLINEアプリを開いて「ウォレット」メニューに移動。「マイカード」をタップして、リストに並ぶ「LINE Starbucks Card」を選択してガイダンスに従って先に進むだけです。

 

↑コーヒーの支払いがLINEから簡単にできるので、追加で色々なサービス専用のアプリをインストールする必要がありません

 

もし、すでにスターバックスカードを活用している場合は、現在の登録情報やカードにチャージしている残金をLINEスターバックスカードに引き継ぐことも可能です。会員のためのロイヤリティプログラムである「STARBUCKS REWRD」の“スター(ポイント)”情報もカードの画面からいつでも確認できます。

 

↑スターバックスカードのユーザー情報や残金をLINEスターバックスカードに引き継げます

 

↑「STARBUCKS REWRD」の“スター(ポイント)”情報もカードの画面からいつでも確認できます

 

LINEスターバックスカードの支払い方法はLINE Payに限られます。それって不便じゃないの?と思うかもしれないですが、結論から言えばその心配はなさそうです。

 

LINEスターバックスカードでLINE Payを利用する場合、アプリの画面に表示されるバーコードをPOSレジのバーコードリーダーで読み取るだけなので、多くのスターバックスコーヒーの店舗で利用できるからです。対して通常のLINE Payで支払う場合は、店舗に決済用の専用据置端末が設置されている必要があるところがLINEスターバックスカードとの大きな違いです。スターバックスコーヒーではこのLINE Pay専用端末を2018年末から一部店舗で導入していますが、今後はスターバックス全店に広げる計画があるようです。

 

↑LINEスターバックスカードの画面に表示されるバーコードをPOSレジのリーダーで読み取って支払います。店舗にLINE Payの専用端末が要らないのが特徴

 

↑POSレジのバーコードリーダーを読み取って支払うイメージ

 

LINEスターバックスカードはプリペイド方式のキャッシュレスサービスなので、お金のチャージが必要です。LINEアプリ内の「ウォレット」を開いて、LINE Payの画面からチャージを選択すると銀行口座(ゆうちょ銀行も含む)からの電子チャージ、またはコンビニで現金チャージなどの方法が選べます。アプリの操作は必要ですが、誰でも簡単に使用を始められるのが特長です。

 

↑銀行口座からのチャージ、またはコンビニでの現金チャージなどが利用できます

 

LINEにスターバックスの公式アカウントが登場

2つめのコラボ展開による新サービスは、スターバックスコーヒーの「LINE公式アカウント」です。意外にもまだなかったんですね。公式アカウントの主なメニューは「今週のおすすめ」「カスタマイズ」「ギフトを贈る」の3つ。LINEスターバックスカードはここからも呼び出せます。

 

↑LINEのスターバックス公式アカウント。ホーム画面にメニューが並んでいます

 

「今週のおすすめ」は名前の通り、スターバックス商品のレコメンド情報です。ユニークな「カスタマイズ」は、飲みたいドリンクの内容を「気分」や「フレーバー」の条件をトーク画面上に入力していくと、アプリがおすすめのメニューをピックアップしてくれるというものです。

 

↑コーヒーのカスタマイズのシミュレーションがアプリから行えます

 

「カスタマイズ」の機能はスタート当初はあらかじめ設定されたシナリオチャートに沿って、ユーザーにおすすめのコーヒーを紹介するというアナログっぽいサービスですが、将来はAIや音声操作によるインターフェースにも連携できそうです。例えば「今日は寝覚めが悪いから、ピシッと頭が冴えるようなコーヒーが飲みたい」とスマホに話しかけるだけで、AIがスターバックスのメニューの中からぴったりな飲み物をセレクト、オーダーもしてくれて、毎朝出勤前に立ち寄る会社の近くのスタバで出来立てのドリンクをピックアップできる、なんてことが実現したら最高ですよね。

 

↑好みのフレーバーやその日の気分などを選べます

 

↑今週のおすすめドリンクの情報もアプリから見られます。トークでお得な情報が配信されることもありそうです

 

発表会に登壇したLINEの出澤剛社長は「AIや音声アシスタントを活用するサービスの裏側にあるディープラーニングの技術開発はLINEが得意とするところ。今は具体的な計画はないけれど、これからアプリにぜひ組み込むことも検討したい」と語っていました。またスターバックスコーヒージャパンのデジタル戦略本部長である濱野努氏も「LINEスターバックスカードをご利用いただくユーザーの購入履歴は当社のサーバーで管理されるため、そのデータをもとにお客様がいつもどの時間帯に、どんな商品をご購入されているのか、好みのテイストなどパーソナライズドされた体験をご提供できる下地はある。」と、AIを活用したサービス強化の可能性に自信をのぞかせました。

 

↑記者会見に登壇したスターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文CEO(写真右)とLINEの出澤剛社長(写真左)

 

最近はスターバックスコーヒーのように独自のモバイルプラットフォームをつくってキャッシュレス決済サービスを提供するショップも増えています。ユーザーとしてはサービスごとに違うアプリがスマホの中に増えていくと、そのうち管理が面倒になってアプリを入れていたこと自体を忘れることもあります。コミュニケーションアプリとして頻繁に使うLINEでも利用できるサービスなら親しみがわくし、繰り返し使いたくなるかもしれません。登録がスムーズに抵抗感なくできるところも好印象でした。スマホによるキャッシュレス決済をまだ試したことがないという方も、まずはスタバのコーヒーをスマホで買うところから体験してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
増税前最大の駆け込みポイント「今年の新iPhone」の対策&現行モデル総おさらい!
猫をIoTで見守る「Catlog」、首輪に隠されたテクノロジーとは?
増税前に買うべきスマホは…思い切って高級機? ミドルスペック機?
ビジネスツールをスマートに一新したいなら、新iPad miniをビジネス手帳として導入してみない?
プログラミングの素養は「パズル」で学べ! ひと味変わった知育玩具がまもなくやってくる

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです