メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

首相「令和」を私物化? ネット意識しアピール

新元号発表時の安倍首相記者会見と識者の指摘は?

 新元号発表の祝祭気分が一段落したが、発表時に安倍晋三首相が前面に出すぎだったとの声も出た。なりふり構わぬ天皇代替わりの政治利用か、計算し尽くされた官邸のマーケティングか。「改元騒動」を改めて考えてみる。【江畑佳明】

 首相は1日、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムで自身の記者会見をライブ配信させ、「歴史上初めて国書を典拠に元号を決定した」とアピール。夜もNHKやテレビ朝日のニュース番組に生出演し、ニュースは改元一色となった。

 「安倍政権は新元号発表を政権浮揚に利用したと言わざるをえない」。政治学者の白井聡・京都精華大専任講師は言う。確かに国の統計不正問題は吹き飛んだ感があり、共同通信社の世論調査で内閣支持率が前月から10ポイント近く跳ね上がった。

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです