メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1万円札の渋沢栄一、1000円札で伊藤博文と競って落選した理由は「ひげ無し」

渋沢栄一の業績などを紹介する史料館の入り口で写真を撮る人たち=東京都北区で2019年4月9日午前9時57分、佐々木順一撮影

 20年ぶりとなる紙幣の刷新が政府から発表された9日、1万円札に肖像画が使われることになったのは渋沢栄一(1840~1931)。渋沢は埼玉県深谷市生まれの実業家。明治維新後に大蔵省(現財務省)に入省し、辞職後は日本初の商業銀行である第一国立銀行を設立した。製紙、紡績、保険、鉄道など多くの起業に携わり、「日本資本主義の父」と呼ばれた。引退後は社会福祉や教育の発展に尽力した。

 渋沢の活動を紹介する渋沢史料館(東京都北区)の井上潤館長は「いずれはという期待があったのでうれしい。渋沢の考え方を知ってもらうきっかけになってほしい」と話した。

 井上館長によると、伊藤博文が1000円札の肖像画に描かれた際にも渋沢は最終候補に残っていた。今のように偽造防止技術が進歩しておらず、ひげを生やしていない渋沢は肖像が複雑にならないため落選したという。2004年に1000円札が夏目漱石から野口英世に変わる数年前にも、財務省側から渋沢の写真を肖像画の練習用に貸してほしいと申し出があったという。

 1万円札に使われる肖像画は、1909年に渋沢が古希を迎えた時に撮影した写真が基になるという。井上館長は「数日前にトップシークレットということで国立印刷局から話があった。官の主導ではなく民間の力を結集することで世の中が発展するんだと主張し、日本の近代化を推進したリーダーの一人」と成果をアピールした。

 渋沢栄一が生まれ育った埼玉県深谷市も喜びに沸き立っている。渋沢栄一記念館に来ていた同県寄居町の自営業、磯野圭作さん(49)は「たくさんの業績がある人なので、今まで肖像画に採用されなかったのが逆に不思議だった。多くの人に業績を知ってほしい」と話した。記念館で敷地内の植木手入れのボランティアをしている塚原昇さん(72)は「地元の人間としてとてもうれしい。深谷市も盛り上がってくれれば」と語った。【片平知宏、大平明日香】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです