メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣、偽造防止が主目的 麻生氏「明治以降の文化人という考えを踏襲」

 政府は9日、全面的に刷新する1万円、5000円、1000円の各紙幣(日本銀行券)の図柄を発表した。新たに肖像画となるのは、1万円札は第一国立銀行など多くの企業の設立・経営に関わった実業家の渋沢栄一▽5000円札は日本初の女子留学生の一人で津田塾大創設者の津田梅子▽1000円札はペスト菌発見など医学の発展に貢献した北里柴三郎。2024年度上期をめどに発行する。

 図柄を刷新するのは04年以来。偽造防止が主な目的で、最新技術を使ったホログラムなどを導入するほか、見やすいように額面の数字も大きくする。麻生太郎財務相は9日の閣議後記者会見で「偽造防止の観点から、おおむね20年ごとに刷新している」と話した。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. トランプ氏は「国家にとって有害」 NYタイムズ匿名寄稿 元高官名乗り出る

  5. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです