メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北里大学生、SNSで「学祖がついに」と発信 「大学を知ってもらえうれしい」

北里柴三郎

 20年ぶりとなる紙幣の刷新が政府から発表された9日、1000円札に肖像画が使われることになったのは北里柴三郎(1853~1931)。北里は熊本県小国町生まれの細菌学者。ドイツに留学後に結核菌などの発見者であるロベルト・コッホに師事し、破傷風菌の純粋培養に成功。免疫抗体を発見して血清療法を確立した。帰国後は北里研究所の前身となる私立伝染病研究所を創立し、ペスト菌を発見。「日本近代医学の父」と呼ばれた。

 北里研究所をルーツとする北里大白金キャンパス(東京都港区)では、学生や関係者が、大学の「学祖」であ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです