メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

ウクライナ危機の現場を歩いた(7)国を離れた人々の思いは モスクワ郊外@3月2日

モスクワ州の農場兼チーズ工場で勤務するセルゲイさん=モスクワ州で2019年3月2日、オクサナ・ラズモフスカヤ撮影

 ウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州一帯では2014年4月、実効支配する親露派組織とウクライナ治安部隊の間で戦闘が始まった。その後はロシアが本格介入したとみられ、収束の見通しは立たない。この地方からは100万人超といわれる避難民を出し、ウクライナ国内にとどまらず、かなりの人数がロシアに移り住んだ。 

 モスクワ郊外にあるチーズ製造の農場兼工場は、約40人の従業員のうち10人がドネツク州マケエフカの出…

この記事は有料記事です。

残り2749文字(全文2952文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです