メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん10年生存率 「免疫チェックポイント阻害剤」効果などで改善期待

国立がん研究センター中央病院=後藤由耶撮影

 国立がん研究センターが9日発表した2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率は、昨年より0.8ポイント上昇して56.3%だった。08~10年に診断された人の5年後の生存率は67.9%。いずれも1990年代後半から伸びており、オプジーボなど「免疫チェックポイント阻害剤」の効果などで改善が続くと期待される。

 10年生存率の発表は4回目。全国20施設の約7万人のデータを集計した。部位別では、前立腺がん(95…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文669文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです