がん10年生存率 「免疫チェックポイント阻害剤」効果などで改善期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立がん研究センター中央病院=後藤由耶撮影
国立がん研究センター中央病院=後藤由耶撮影

 国立がん研究センターが9日発表した2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率は、昨年より0.8ポイント上昇して56.3%だった。08~10年に診断された人の5年後の生存率は67.9%。いずれも1990年代後半から伸びており、オプジーボなど「免疫チェックポイント阻害剤」の効果などで改善が続くと期待される。

 10年生存率の発表は4回目。全国20施設の約7万人のデータを集計した。部位別では、前立腺がん(95.7%)や甲状腺がん(84.3%)などが昨年に引き続き比較的高い。低いのは、肝臓がん(14.6%)や膵臓(すいぞう)がん(5.4%)などだった。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集