民間企業障害者雇用率 初の2%超も中小では進まず 厚労省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は9日、障害者の雇用義務がある従業員45.5人以上(0.5人と換算される短時間労働の障害者を含む)の民間企業が2018年6月1日時点で雇用している障害者は約53万5000人(前年比7.9%増)、雇用率は2.05%(同0.08ポイント増)だったと発表した。いずれも過去最高で、雇用率が2%を…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

注目の特集