透析中止 病院に怒り「残酷な死に方」 亡くなった女性の夫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工透析治療問題に揺れる公立福生病院=東京都福生市で、2019年4月9日、梅田啓祐撮影
人工透析治療問題に揺れる公立福生病院=東京都福生市で、2019年4月9日、梅田啓祐撮影

 「残酷な死に方をさせられた……」。公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、治療の中止を選んで亡くなった女性(当時44歳)の夫(51)は病院に対する怒りをあらわにした。カルテには治療再開を何度も女性が求めたことが記録されていた。

 夫によると、昨年8月9日に病院に呼ばれた時、女性と外科医(50)の間で既に治療中止の合意ができているように感じた。「カテーテル(管)を入れて透析を続けることと、透析をやめる中止(離脱)という二つの選択肢が出た」と言う。

 「1週間の命」。夫によると、外科医からそう説明を受けた女性は同意書に署名し、夫も受け入れた。だが、内心では「途中で気が変わり、良くなって帰ってくる、治してくれる、と思っていた」。14日に入院した女性は翌15日、「(中止を)撤回したい」と言い出した。夫も胃潰瘍で入院した。「透析できるようにしてください」。外科医に伝えると、「分かった」と答えたという。「撤回したい」。そう何度も訴える発言が記録に残さ…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文607文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集