メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

透析中止 病院に怒り「残酷な死に方」 亡くなった女性の夫

人工透析治療問題に揺れる公立福生病院=東京都福生市で、2019年4月9日、梅田啓祐撮影

 「残酷な死に方をさせられた……」。公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、治療の中止を選んで亡くなった女性(当時44歳)の夫(51)は病院に対する怒りをあらわにした。カルテには治療再開を何度も女性が求めたことが記録されていた。

 夫によると、昨年8月9日に病院に呼ばれた時、女性と外科医(50)の間で既に治療中止の合意ができているように感じた。「カテーテル(管)を入れて透析を続けることと、透析をやめる中止(離脱)という二つの選択肢が出た」と言う。

 「1週間の命」。夫によると、外科医からそう説明を受けた女性は同意書に署名し、夫も受け入れた。だが、…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです