透析中止「同意書がないなんて」 患者から不安の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性死亡までの経過
女性死亡までの経過

 都が9日、医療法に基づき文書指導した公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題。治療を中止、または最初から行わない非導入の患者計21人の同意を証明する文書はなかった。「同意書がないなんて」。透析患者からは不安の声が漏れた。

 「『治療を中止する』などという(医師の)言葉は聞いたことがない。そんな形で命を失いたくない。同意書が残されていないなんて、とても恐ろしい」

 埼玉県内の女性は語気を強める。透析治療を始めて約18年。昨年8月に透析治療をやめる選択肢を示されて亡くなった女性と同じ40代だ。今年1月に透析用血管の分路(シャント)が閉塞(へいそく)した時、インフルエンザにもかかっていた。「シャントを再建する手術ができないかも」と不安を感じたが、何とか治療を続けられたという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文786文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集